2019年冬ドラマ作品のキャストあらすじ概要紹介

トレース〜科捜研の男〜1話~最終回【全話見放題】動画無料視聴の方法!配信はしてない?

2019年1月9日よりフジテレビ、夜9時いわゆる月9枠で放送されたテレビドラマ、トレース~科捜研の男~

原作は トレース~科捜研法医研究員の追想~というタイトルなのでドラマ版は若干原作と違います。

このドラマの1話~最終話の動画を無料で見る方法を解説していきます!

先に結論から言うとTSUTAYA DISCASを利用するのが一番幸せになれます。

全話見放題なのはTSUTAYA DISCASのみです。

月額がかかりますが、無料期間の30日間以内に解約すれば無料です。

 

本ページの情報は2020.7.23時点のものです。最新の配信状況は 各動画配信サイトにてご確認ください。

トレース〜科捜研の男〜 1話~最終話の動画を無料で視聴する方法・配信サイト

「トレース〜科捜研の男〜」両シーズンの動画が視聴できるサービス

トレース〜科捜研の男〜」を視聴する方法は

です。

配信状況の表が以下のとおりです。*2020.7.23時点

スマホは横にスクロールできるよ
配信サイト配信状況月額(税込)特典
TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV◎(DVDレンタル借り放題)2,658円*月額30日間無料*
毎月1100ポイント付与
U-NEXT×2,189円月額31日間無料
初月600ポイント
以降毎月1200ポイント付与
dTV×550円月額30日間無料
hulu×1026円月額2週間無料
TVer×無料無し
AmazonPrime×500円月額30日間無料
Paravi×1,017円月額2週間間無料
毎月500ポイント付与
ABEMA×960円月額1ヶ月間無料
FODプレミアム×959円月額1ヶ月間無料
毎月8のつく日に400ポイント付与
Netflix×880~1980円無し

※動画見放題+定額レンタル8の場合

という具合にTSUTAYA DISCAS1択の状態なんです。

「トレース〜科捜研の男〜」は配信されていない

ジャニーズは権利が厳しいらしく、ジャーニーズ事務所所属の錦戸亮さんが主演であるこのドラマは2020.7.23現在ネット配信されていません。

TSUTAYA DISCASのオススメポイント

唯一DVDがレンタルできるサービスTSUTAYA DISCASを利用するしかありません。
※借り放題は月額レンタル可能枚数終了後、「旧作」が借り放題となります。
※30 日間無料お試し期間中は「新作」はレンタル対象外となります。

TSUTAYA DISCASのDVDレンタルは郵送で送られてきます。返却も郵便ポストに入れるだけ!
わざわざ店に行く必要がないので簡単便利です!

TSUTAYA DISCASは月額2417円(税抜)ですが、[定額レンタル8+動画見放題プラン]で入会すると30日間無料です!

ここだけの話無料期間内に解約すると月額料もかからないので、入会して好きな作品を見まくって解約というのも賢いやり方だと思います(笑)

「トレース~科捜研法医研究員の追想~」のキャスト

主人公 真野礼二(まの れいじ)- 役:錦戸亮

俳優
錦戸亮(関ジャニ∞) 真野礼二(まの れいじ)

警視庁科学捜査研究所の法医科に所属する男性法医研究員。膨大な知識量と卓越した鑑定技術、そして他の人間とは違う視点から物事を見極める能力は周囲からも高く評価されている。しかし、その反面、性格がクールであるが故に協調性に欠けるきらいがあり、科捜研では浮いた存在になっている。事件についての見解においても主観や憶測を全て排除した上で、徹底した鑑定を行う。警察が事件とは無関係であると判断した証拠品でも、自身が納得するまであらゆる方法を駆使して鑑定に没頭する。少年時代に受けた陰惨な過去を常に心に抱き、真実を求めている。

Wikipediaより引用

沢口ノンナ(さわぐち ノンナ) - 役:新木優子

俳優
新木優子 沢口ノンナ(さわぐち ノンナ)

警視庁科学捜査研究所の新人法医研究員。大学院での遺伝子研究でなかなか成果を得られずに悩んでいたところに、大学の卒業生である法医科科長に勧められ、大学院を辞めて科捜研に入所する。自分とは縁遠いと思っていた殺人事件に関わることに戸惑いを覚え、科捜研での自身の居場所に悩んでしまう。しかし、法医研究員として働くうちに被害者や残された家族のために真実を明確にしたいという思いが沸き上がってくる。同じ科捜研で働く真野から大きな刺激を受けることになる。

Wikipediaより引用

虎丸良平(とらまる りょうへい) - 役:船越英一郎

俳優
船越英一郎虎丸良平(とらまる りょうへい)


警視庁捜査一課に配属されたベテラン刑事。刑事の勘を第一に行動する性格で、客観的事実と証拠で事件に迫ろうとする真野とはよく対立する。本当は被害者や遺族を思う純粋な気持ちは常に抱いているのだが、長年の刑事経験から検挙数を多くすることに躍起になってきた。仕事に没頭するあまり、妻と息子には逃げられてしまい、現在は独り身である。真野とは衝突が多いが、確固たる信念と卓越した鑑定技術に次第に信頼を寄せるようになる。

Wikipediaより引用




海塚律子(かいづか・りつこ)- 役:小雪

俳優
小雪海塚律子


錦戸さん演じる「科捜研の男」真野礼二の先輩で良き理解者である科長・海塚律子ですが、実は彼が抱える“陰惨な過去”に関わりも……?

壇 浩輝 - 役:千原ジュニア

 

史上最年少の警視庁刑事部長で、主人公の科捜研法医研究員・真野礼二(錦戸亮)が抱える陰惨な過去に大きな関わりを持つとみられる。

沢口カンナ(さわぐち・かんな)- 役:山谷花純

沢口ノンナ(新木優子)の妹。姉と東京でふたり暮らしをしている。しっかり者で姉のよき相談相手。

相楽一臣(さがら・かずおみ)- 役:山崎樹範

 

科捜研法医研究員。出世欲が強く、効率よく仕事をこなすことに重きを置く模範的研究員。
科捜研の仕事の範疇を超えて好き勝手な行動を取る真野を嫌い、ライバル視している。

水沢英里(みずさわ・えり)- 役:岡崎紗絵

科捜研法医研究員。科捜研の仕事がハードなため、早く結婚して退職したいと思っている。プライベートを充実させるため、できるだけ定時で帰りたいが、真野が勝手なことをするせいで仕事が増え、迷惑している。ノンナと真野の関係が恋に発展するかどうか、興味津々。

猪瀬祐人(いのせ・ゆうと)- 役:矢本悠馬

警視庁捜査一課の刑事。虎丸良平(船越英一郎)の部下。キャリア組で捜査一課には研修として来ている。強引な虎丸の捜査に振り回されるが、やがてその奥にある刑事としての情熱に影響を受けていく。

 

沖田 徹(おきた・とおる)- 役:加藤虎ノ介

警視庁鑑識課の刑事。科捜研に出入りすることが多いため、研究員たちとも飲み仲間になった。真野(錦戸)が鑑識の領域にまで口を出してくることが気に入らない。

市原 浩(いちはら・ひろし)- 役:遠山俊也

科捜研法医科研究員。地道に鑑定ひとすじで生きて来た堅物人間。海塚律子に好意を寄せているため、海塚に気に入られている真野(錦戸)を快く思っていない。

 

江波清志(えなみ・きよし)- 役:篠井英介

 

警視庁捜査一課長。検挙数がすべてと考え、部下を急き立てる嫌味な課長。 物腰は丁寧だが切れやすい。所轄から異動してきたばかりの虎丸にも冷たく当たる。

「トレース~科捜研法医研究員の追想~」のスタッフ・主題歌

脚本

脚本を手がけるのは相沢 友子(あいざわ ともこ)さん

代表作は世にも奇妙な物語、やまとなでしこ 第5話・第8話、本能寺ホテル、人は見た目が100パーセント など。

演出

演出を手がけるのは松山博昭(まつやまひろあき)さん

代表作はライアーゲーム、失恋ショコラティエ、信長協奏曲など。

主題歌

関ジャニ∞の「crystal」

関ジャニ∞は主演の錦戸亮さんが所属するアイドルグループです。

トレース~科捜研の男~あらすじと感想

1話

ドラマ・トレース~科捜研の男~1話ネタバレ・あらすじ・感想・原作比較ー虎丸刑事がキレすぎ(笑)U-NEXTなら31日間無料で600ポイント、FODプレミアムは1ヶ月間無料でドラマトレースが見放題+1300円分ポイン...

あらすじ

物語はアイドルグループの握手会会場から始まります。会場でアイドルが握手会を行っていると一匹の犬が迷い込みます。その犬はなんと切断された人の手をくわえていました

会場はパニックに陥ります。

場所は変わって警視庁科学捜査研究所法医科。新人の沢口ノンナ(新木優子)が初めて出勤します。ノンナが挨拶をしているとそこに、刑事の虎丸良平(船越英一郎)猪瀬祐人(矢本悠馬)らがやってきました。

握手会で犬がくわえていた切断された人の手の検査結果を聞きに来たようです。

すると真野礼二(錦戸 亮)が、遺物の中から珪藻通常の20倍のマンガンが検出された、と伝えます。珪藻と聞いた良平は部下に多摩川周辺を調べるよう指示を出します。

しかし礼二は、多摩川を探しても意味がないと虎丸に言います。これを聞いた虎丸は礼二に「小僧、俺の操作に口を出す聞か?」と凄みます。これに礼二が顔色を変えず「いいえ」と答えると、虎丸は不機嫌そうに部下を連れてその場を去っていきました。

礼二は海塚律子(小雪)に、この珪藻は多摩川には生息しない珪藻で日原川に生息していると説明します。また、高濃度のマンガンが含まれる土壌の地域を考えた結果、簾川鉱山の麓日原川に残りの遺体がある、と操作に向かいました。

そして、律子はノンナに「あなたも一緒に行って。」と礼二に同行するよう指示を出しました。

遺体を見つけるノンナ

山に入るとノンナが土に半分埋もれたバラバラの遺体を見つけ悲鳴をあげます。

礼二は冷静に遺体を見ると、ピンクの花が遺体のそばに落ちていることを発見します。

遺体が発見されたという一報を聞いた虎丸。科捜研が勝手に操作したことを激怒し礼二を問い詰めます。

虎丸は律子に諭されると渋々帰っていきました。

被害者はDVを受けていた

解剖により、被害者は包丁による出血死、生前DVを受けていたことが判明した。

そこにニュースを見た被害者両親が遺体のある警察署を訪れます。母親五十嵐千鶴(森口瑤子)」は血のつながった親、父親「康信(吹越 満)」は再婚相手であったた被害者とは血縁関係になかった。

検査の結果、被害者は千鶴の娘「五十嵐美加」で有ることが判明した。

花の検査を依頼する礼二

翌日、ノンナが出勤するとすでに礼二の姿がありました。礼二は、遺体のそばに落ちていた花をノンナに渡し、ある大学の研究室に届けて遺伝子の鑑定依頼をするよう頼みます。

礼二は、その花に付いていた土砂は周辺の土砂の成分とは違った。つまり、何者かが外から持ち込んだ可能性がある、と説明します。

幼少期の事件がフラッシュバックする礼二

虎丸が、被害者は都内のマンションで暮らしていたにもかかわらず、事件前の数日間は近くの安ホテルで宿泊していたことが判明した、と礼二に伝えます。

そして、防犯カメラには被害者がホテルにチェックインした後、10分後に同棲していた越智という男がチェックインした様子が映っていました。

近くいる虎丸の部下、祐人は「被害者はDVから逃げてホテルに宿泊していた。越智はそれを嗅ぎつけて追いかけてきたんだよ」と断定的に言います。

それを聞いた礼二は幼少期に経験した事件がフラッシュバックします。

越智はDVなんてしていない、ホテルに行ったのは浮気を疑って追いかけただけ、と犯行を否定します。

しかし祐人は、越智が犯人だと決めつけます。

この後、礼二は刑事が憶測で決めつける度に過去の事件のことをフラッシュバックします。憶測で決めつけられたせいで事件の真実が隠されてしまったことを悔やんでいるようです・・・。

感想

タップで感想を見る

とりあえず、刑事の虎丸良平(船越英一郎)がすぐにキレるのが気になりました(笑)

科捜研に恨みがあるのか、礼二に意見されたり論破されるとすぐに怒鳴り散らします。出てくるたびにほぼ毎回キレてますね(笑)

これで能力が高かったらいいんですが、刑事の感というのは外れまくって、ほとんど礼二の言う通りに事が進んでいるのに、悪びれる様子もなく礼二に偉そうに突っかかってきます。

これが適役だったらいいんですが、味方で重要な役と映る頻度が高いのでちょっとしんどいですね。このキャラは今後改善してほしいです。

原作からはストーリもキャラも結構変わっていました。虎丸も原作では全然違うキャラです(笑)

2話

トレース2話・ネタバレ感想!なおも荒ぶる虎丸(船越英一郎)笑~もうすぐ静かになる?~科捜研の男~U-NEXTなら31日間無料で600ポイント、FODプレミアムは1ヶ月間無料でドラマトレースが見放題+1300円分ポイン...

あらすじ

科捜研の法医研究員・真野礼二(錦戸 亮)沢口ノンナ(新木優子)は、捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)から東凛大学病院の外科医・真田和寿(名高達男)が殺害された事件に関連するDNAの照合鑑定を依頼される。

事件が起きたのは、真田の教授就任を祝うパーティーでのことだった。席を外したまま戻らなかった真田を探しに行った娘の有里(関めぐみ)が、控室のバルコニーから転落死している父親を発見したのだ。

そのとき有里は、現場から逃走する男の姿を目撃していた。真田の首には刃物を突き付けられたような傷があり、男の逃走経路には血痕が残っていた。また、バルコニーの手すりには真田の靴の跡があった。

これらの状況から、犯人は真田にナイフを突きつけたが抵抗されて傷を負い、バルコニーを乗り越えて逃げようとした真田を突き落としたのではないかと考えられた。警察は、防犯カメラの映像から被疑者の宮永 渉(篠原 篤)を拘束していた。現場から採取された血液と宮永のDNAが一致すれば事件は解決だと意気込む虎丸。しかし、照合の結果は不一致だった。

虎丸は、捜査一課長の江波清志(篠井英介)から、1週間以内に犯人を逮捕できなければ班を解散させる、と叱責されるが、それでも犯人は宮永だと主張。真野やノンナらを連れて事件現場のレストランを徹底的に調べ直す。

だが、仕事へのプレッシャーから眠れない日々を過ごしていたノンナがふいに意識を失って倒れてしまい…。     https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/story/index.htmlより引用

感想

タップで感想を見る

正直、良いと思ったところと、うーんとおもったところがありました。

良いと思ったところは原作からストーリーを変えた部分です。

私は原作を知っているのですが、原作と大きく違うので、原作を知っていても初めて見るように楽しめました。

原作はかなりエグいので、ドラマ仕立てになっていて万人が見やすくなっていると思います。

この辺は、下の原作比較で詳しく書いていきます。

うーんと思ったところは、原作からキャラを変えたところですね。

これは1話でも思ったことなのですが、この変更は悪い方向にいっていると思います。

最終回 11話

トレース~科捜研の男~最終回!ネタバレまとめと感想~胸糞悪い?ドラマ「トレース~科捜研の男~」ついに11話最終回が放送されました!ついに、終わりましたね!結構胸糞悪い、という声が飛んでいます...

あらすじ

ガス爆発が原因の事故

佐保は謎の爆死。真野はガス爆発臨場を願い出ます。

DNAから姉の子の父親ではなかった。武蔵野一家殺人の証拠を警察が隠ぺいしています。

佐保が武蔵野一家殺害を指示か。しかし、逮捕されたのは佐保の会社役員です。

姉の妊娠の謎が深まり、手袋の糸から佐保を殺した犯人は、姉を妊娠させた男であることが判明します。

付き合っていた男性がいたのか、聞き取りすると北条学園の学生と一緒にいたのがわかります。

学校に聞き取り調査開始真野がいきなり思いつた、壇裕樹と言う人物刑事部長になっている男警視総監を父に持っています。

だから事件は警視総監により握りつぶされたのか謎は深まります。

壇裕樹がいきなり職場に現れて、視察と言い真野を凝視して去っていきます。

動揺を隠しきれない真野。視察は初めてと言う同僚たち。こんなタイミングでなぜと疑問がわきます。

コーヒーカップをわざわざ拭く壇神経質なの?証拠隠蔽の可能性?DNA採取したいと言い出す壇。

疑われているのを知っているかの様子。口の中で血が出るまでこすり続ける気持ち悪いです。

真野に武蔵野の生き残りですか?と確認しDNAキッドを差し出します。これがほしかったのでしょ、と言い去っていく。DNA鑑定をする親子鑑定は0%。壇とも違うのでした。

 

振出に戻った父親捜し。

早川が父親と判明妊娠3か月のことは誰にも話していなかったのに知っていた。

早川壇と早川は通じていたのか早川は真野をだましていたようです。

早川は2か月も前に仕事を辞めていたのでした。早川の家で心でお詫びします、との遺書があり偽造ではなさそう。

壇と話がしたいという真野遺書は科捜研のペンで書かれたもので、壇が持って帰ったものでした。

早川は殺されたのか遺書は真野への挑戦状?でしょうか。科捜研のみんなも真野のPCから真相に近づいていく。

真野は危ないのか、軽井沢へ向かっているのか、GPSを追うと壇の別荘にたどり着く。相手が刑事部長だから追跡を操作をNシステムのデータ提供を一課長はNGという。

虎丸は必死にたのむ、一課長はこっそり部下にデータを回す早川は海の向こうにいるという。

壇は真野に事件推理を披露しろと言う。壇は壇の父親に武蔵野一家殺人を隠蔽してもらった恩があり、壇のいいなりだった壇の目的は事件を明るみにする事。

アーチェリーの大会で出会う壇と源義一(兄)壇は強烈に苦しくなり衝動にかられます・・・。

新妻と佐保に頼みいじめを頼む壇

不登校になる兄姉は壇に早川に捨てられた腹いせに壇に復讐を頼みます。

新妻と佐保は兄の代わりにいじめのターゲットができ喜びます。そして早川は壊れていきます。

追い詰められた早川に殺害を進めます。そして早川は武蔵野一家殺害を起こしてしまいます。

真相を聞き動揺を隠せない真野。倉庫を突き止める虎丸真野は壇を殴ってしまいます。

義一に遺書を書かせ無理心中に見せかけようとします。弟のためには死ねないという義一に弟を殺すと脅し、自殺に見せかけるようにしむけます。

義一殺しは新妻と佐保に殺しを命令真野は壇に拳銃を突きつけられます。真実にたどり着いても真野にできることはないという壇今度は真野に拳銃を渡す壇構える真野引き金を引けません。

お前の完敗と言う壇去る前に壇は早川に刺されます自殺しようとする早川を悩みつつ止める。

真野、虎丸たちがやっと来て救急車を呼べという真野。

事件は早川の逮捕で25年前の事件にも手が入ることになりました壇は意識がないまま重体です。

目覚めるかはわかりません。真野は3日会社に来ないけれどが虎丸の前に現れます。

真実を知って遺族が前に進めると信じて仕事をしてきた真野自分の過去が暴かれて最後はすがすがしい笑顔が見れた。

沢口が「真野は来ますよ」というと真野があわられるほっとする空気の職場いつも通りに始まる日常。

感想

タップで感想を見る

苦しそうな真野さんが印象的いろんな思いが交錯するどんなに調べても権力に握りつぶされてしまうのかハラハラしました。

虎丸は壇の家のガラス破ってしまいいいのかな?でも仕方なくやったことだと思います。

警察ってそんな偉いのかなあっていう疑問が垣間見えます。

捜査権はチームワークもみんなよくっていい感じにまとまっていて理想の職場かな。真実を見つける最中の苦しみは痛々しくもあります。真野さんは壇を殴りはするものの殺しはしない心の葛藤が見えなそうでちゃんと描かれているなと思います。

真相にたどり着かなそうで振出しにもそりそうででも、まったくなくなってしまうわけでもなく少しずつ真相につかずき推理なのか、本当なのか、最後まで読めなかったです。

真相ってそういうものかもしれないですね。テンポ良く進んで行くドラマでしたが真野さんの心もようやく晴れていく笑顔かわいかったです。

まだまだ進まないので、どうなるのかのか気になるところ必死に真野さんを助けるようとする気持ちが不意に出てくる女心がかわいかったので、ぜひ成就してほしいと思ってます。

次回や映画化はあるのかもと思いますあってほしいです!

主人公がかかる心の闇はもうなくなってしまったので伏線はるのは大変かなあと言うところはありますね。

次回は恋の話でって感じでしょうか。

いつ放送開始?

トレース~科捜研の男~は2019年1月7日月曜日よる9時より放送開始です。

*本ページの作品や配信に関する情報は記事投稿日時点の情報となります。最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。