2019年春ドラマ作品のキャストあらすじ概要紹介

『特捜9season2』キャスト・あらすじ・まとめ 浅輪の警部補昇級でパワーアップした特捜班の活躍に期待!

宗方(寺尾 聰)を班長に迎えて新たに活動を開始した警視庁捜査一課特別捜査班(以下、特捜班)。その活躍を描く「season2」がいよいよお目見えです!

  • キャスト
  • あらすじ・みどころ・感想
  • 初回放送日時
  • 脚本・演出・主題歌

を解説していきます!

特捜9の過去作はAmazonPrime で配信中です。(*2019.4.17時点)無料期間30日以内に解約すれば月額無料です。

『特捜9season2』のキャスト

浅輪直樹……井ノ原快彦

井ノ原

警視庁捜査一課特別捜査班主任。階級は警部補。前9係時代に刑事としての基礎を加納倫太郎(渡瀬恒彦)に叩き込まれ、持ち前の粘りが相まって、特捜班結成時からは宗方班長の命で主任を務める事になりました。

今シーズンからは警部補に昇進して、名実ともにクセのある刑事が揃った特捜班をリードしていきます。また、まだまだ新人の新藤(山田裕貴)の教育係としても、手本となるべく犯人検挙に真正面からぶつかっていく姿も感動ものですよ。ちなみに、妻は加納の娘の倫子です。

青柳 靖……吹越 満

吹越

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級は警部補。物事を斜に構えて見る傾向がありますが、事件に対する嗅覚や深層を測る目は確かです。

そういったクールな面ばかりではなく、反社会勢力から助け出した女性・垣内妙子と恋人関係になり、それを咎められて一度は警察を辞めた熱血漢でもあります。

また、同僚の村瀬(津田寛治)にライバル心を燃やしており二人のつばぜり合いがストーリーに“厚み”を与えています(かも知れないw)。

 

小宮山志保……羽田美智子

羽田

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級は警部補。特捜班唯一の女性メンバー。9係時代は主任を務めた事もある実力派。外見はテキパキとした身のこなしと美貌でクールな印象だが、「おっちょこちょい」な面も持ち合わせています。

非番前日にウキウキした様子でいたところを「どうせ美容院に行ってから、延滞したDVDを返すくらいしか用事がないだろ」と村瀬に指摘されたりしています。その時の反論できない表情が「意外と可愛らしい」とのマニアの声もアリ。

 

矢沢英明……田口浩正

田口

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級は巡査部長。一匹狼で協調性に欠ける青柳と唯一バディを組める刑事。普段は青柳に従順な態度をしていますが、大声で叱り飛ばすなど熱い面も持ち合わせていたりもします。

夫人は売れっ子の漫画家で、ベタ惚れ状態の愛妻家。人情家でもあります。

 

村瀬健吾……津田寛治

津田

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級は警部補。ノンキャリアでの入庁ですが、自分は「能力はキャリアよりも上」と常に思っています。嫉妬と自信過剰が入り混じった“面倒くさい”一面も持ち合わせていますが、理路整然と事件を分析する力は自慢するだけあって鋭いです。

青柳に対抗心を燃やしているのはこちらも同じで、対比すると面白いですよ。出世だけにとらわれるのではなく、志が高いのも皆が認めるところです。



新藤 亮……山田裕貴

新堂

警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級は巡査。若いがゆえの功を焦った“先走り”行為があります。経験不足からくる洞察力の弱さや配慮が足りずに浅輪から注意を受ける事もしばしば。

それでもめげずに、一人前の刑事になるために奮闘する姿は見ていて清々しいモノがありますね。早く刑事としてひとり立ちできるように頑張ってもらいたいものです。

 

宗方朔太郎……寺尾 聰

宗方

警視庁捜査一課特別捜査班班長。階級は警部。神田川警視総監(里見浩太朗)から特捜班班長を任命されました。元は警視庁の監察官だったのですが5年前の「ある事件」をきっかけでひとりの幼女を育てる事に。

培われた経験と事件の本質を見抜く“目”で、事件解決のヒントを与える事も多い頼れる上司です。

 

早瀬川真澄……原沙知絵

関東監察医務院勤務の監察医。「遺体のスペシャリスト」で、微量の残留物から事件を解く鍵を探し出す凄腕です。

友達のいない者同士、小宮山とは仲がいい(笑)。

 

浅尾倫子……中越典子

浅尾の妻で9係係長だった加納の娘。職業はパティシエール。自作菓子のネット販売を画策中。

※ほかにも準レギュラーには警視総監の神田川宗次郎ベテラン鑑識員・猪狩哲治(伊東四朗)警視庁鑑識課員・佐久間朗(宮近海斗)らも要所で登場します。




『特捜9season2』の見どころ

「机の人」と呼ばれて勤務時間9:00~5:00の定時勤務(本来は、ちょっと時間帯がズレますが)を頑なに守っています。その宗方もメンバーに溶け込んで、抜群のチームワークで事件に対峙していきます。この宗方の動きには、注目しておいた方がいいでしょう。

それと前シーズンでは、宗方の指示で主任を務めていた浅尾は晴れて警部補に昇級しました。これで階級が青柳、小宮山、村瀬と肩を並べたわけです。今まで以上の責任感で特捜班を引っ張っていく事が予想されます。心身ともにオーバーワークが心配なところではありますが…。

また、浅尾・新堂、青柳・矢沢、小宮山・村瀬といった従来の3班体制とは違ったコンビの結成を宗方は視野に入れている様子もうかがえます。あわせて若手刑事・新藤(山田裕貴)の成長ぶりも見ものかも!? 今シーズンも目が離せそうもないですね!!



『特捜9season2』第1話のあらすじ

浅輪と妻・倫子、そして新藤は、六本木(東京都港区)の高層ビルの屋上で行われている世界各国の菓子銘店が集う催事場でスイーツを堪能していました。パティシエールの倫子の勉強・視察のためです。彼女はネット販売を目論んでおり、そこにPCに強い新藤をデータ収集要因として呼び出した形です。

そうやって会場内を見て廻っていると、突然、同ビルの上層階で爆発が起こりました。その時の特捜班のほかのメンバーはというと、青柳と矢沢は現場付近の路上で、小宮山と村瀬、それに宗方は特捜班の部屋でテレビ中継を見ていて、この惨状を目撃します。

「テロか!」
「怨恨か!!」

青柳、矢沢は直後にビルから飛び出し、バイクで逃走した二人組を追跡。小宮山と村瀬は、テレビ中継に映り込んでいた男女二人組を追います。

一方、現場に居合わせた浅輪と新藤は負傷者の救助のため病院にいました。そこで手がかりを入手した直樹は聞き込みを開始します。

すると、特捜班がそれぞれ追っている人物は、何者かにSNSで集められた自殺志願者だったことが見えてきました。そこを突き詰めるために浅輪は病院に戻り、地道に聞き込みを続けていきます。
そういった一連の“地味な捜査”よりも、若い新藤は「もっと効率的に捜査がしたい」と進言。不満を漏らします。「効率のいい捜査なんてない」とたしなめる浅輪に反発して、「別で動きましょう」と単独行動を取ってしまいました。

収穫のないまま特捜班に戻った新藤は、刑事の「二人一組の原則」を破ったことを青柳に怒られます。
そして浅輪との連絡が途絶えてしまい…。

病院に戻った新藤らは、駐車場で浅尾の警察手帳を発見します。何者かに拉致されたと考えられる事態です。その時、新藤のスマホのライブ配信アプリが起動、そこに浅輪と爆破の犯人が映りました。

犯人グループ(単独犯とは思えない規模のため)の狙いとは?
浅輪を拉致した理由は?

混迷の中、特捜班がひとつになって事件に向かっていきます!




『特捜9season2』第1話の見どころ・感想

集合

-新藤を単独行動に走らせて、その姿から未熟さを露呈させるとともに、“バディを組む意義”を解説する。-

新藤の成長をシーズン通して描いていこうという伏線と筆者は捉えましたが、ほかの視聴者の皆さんはどう取りましたか?とりあえず、暖かく見守っていこうとは思っております。

今シーズンでは、第1話開始直前スペシャルでは吹越さんがアクションを見せていました。班長も外へ出ていく場面もあるとか。よりアクティブになりそうで、本筋とは関係ないですが、その点でも期待しています。

今話では井ノ原さんの(拉致られた時の)迫真の演技に要注目です。「密度が濃いな」というのが、率直な感想ですよ!



『特捜9season2』の初回放送日時

4/10(水)から毎週水曜日21:00~、テレビ朝日系列で放送。

『特捜9season2』のスタッフ陣

・脚本

「9係」時代から健筆をふるってきた徳永富彦や『ドクターX』で活躍してきた林 誠人らが担当します。

・演出

これまでの演出家以外にも新戦力を導入。『CRISIS』の鈴木浩介、『ドクターX』の田村直己が初参戦します。



『特捜9season2』の主題歌

これはもちろん、浅尾役の井ノ原快彦が所属するV6の「ある日願いが叶ったんだ」(作詞・作曲/RYOJI)です。ケツメイシのRYOJIが作った曲としても話題になりそうですね。

※画像出典「https://twitter.com/5drama9tokusou」

特捜9シーズン2関連記事・2019春ドラマネタバレ感想記事とキャストあらすじまとめ記事

*本ページの作品や配信に関する情報は記事投稿日時点の情報となります。最新の情報は各サイトにてご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。