腐女子、うっかりゲイに告る。

腐女子、うっかりゲイに告る。2話ネタバレ感想!~腐女子に告られたゲイまさかの答え!

テレビドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」2話が放送されました!

今回は2話目にして大きな展開がありました!そして予想外な展開が。

今期のドラマは「きのう何食べた?」などのBL系とか「俺のスカートどこ行った?」とかゲイを扱ったドラマが多いですね。

時代の流れとは言え、ジャンルとして定番化していく可能性もありますね。

私は挙げた3つの中ではこの作品が一番好きですね。

1話のネタバレ感想は↓

ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」1話ネタバレ感想!~ゲイと腐女子の出会い~テレビドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」1話が放送されました! 男性同士のベッドシーンもあるかなり攻めた大人なドラマです! ...
この記事の要点
  • 2話ネタバレ・あらすじ
  • 2話で判明したこと
  • 2話の感想
  • 「腐女子、うっかりゲイに告る。」原作紹介
  • 2話のTwitterの反応

を書いていきます!

腐女子、うっかりゲイに告る。」の1話~最新話はU-NEXTのNHKオンデマンドで見ることが出来ます!ポイントを使って無料期間内に解約すれば格安ですので、是非使ってみてください

「腐女子、うっかりゲイに告る。」2話の公式あらすじ

純は紗枝の連日のアタックにとまどう。SNSでつながっている友人・ファーレンハイトは純に「彼女は間違いなく君に惚れてるね」と指摘する。

自分の心情が紗枝に傾きつつあることに気づき始める純。親友の亮平から、連休に紗枝たちと遊園地へ遊びに行くこと提案された純は、秘密の恋人・マコトさんに相談するが「連休中は家族といるので会えない」とつきはなされてしまう。

純は亮平が女子に告白されるが断っているところを目撃、「普通でベタな青春、過ごせるのかな、僕たち」亮平と語り合った純は、紗枝たちと遊園地デートに行くことを決める。母・陽子は恋人を作るチャンスだと純のデートを応援する。そして、いよいよデート当日を迎える。「https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/fujoshi/html_fujoshi_story02.html」より引用

「腐女子、うっかりゲイに告る。」2話のネタバレあらすじ

積極的な腐女子・紗枝

安藤純に気がある紗枝は学校で積極的に声をかける。純が小説を読んでいるのを見れば、勝手に「安藤くんが読んでる小説買っちゃった。すっごい面白かった!」と話しかける。

次の日は「安藤くん、ご飯食べよ!」と毎日、純にアピールする。

ある日、紗枝は純に「Queenのボーカルってゲイらしいね。」と話しかける。Queenは純が好きなイギリスのバンドだ。

「若い頃はガールフレンドもいた。それから男にも手をだすようになって・・・」そう純は答える。

「じゃあバイ(バイセクシャル)なの?」と紗枝が聞きかえす。

「うーん・・・最後のパートナーは男性だし、女を抱けるゲイかな。」少し悩んだあと答える純。

「それってバイじゃないの?」

「愛がなくても誰かを抱くことはできる。」

そう言った純の答えが、この後の純の行動を示すものだとは純本人も気づかなかっただろう。




純の亮平への気持ち

教室で体育の授業前の着替え中、良平はふざけて純の股間を触る。純は少し戸惑って笑うが、良平は無邪気だ。

良平は純の前で着替え、上半身裸になる。良平の身体に思わず見入る純。

「純、俺の身体に見惚れてるー」純をからかう良平。

「良平の身体なんて中学生の時から見慣れてる。」冷静を装って否定する純だが、内心はドキドキだ。

純は良平と付き合いと思ったことは一度もない。しかし、良平とセックスをしたいと思ったことは何度もある。

 

みんなで遊園地でデート

良平に誘われて遊園地で集団デートをすることになった純。

メンバーは、男が小野雄介・高岡亮平・安藤純

女が小野の彼女・今宮麻衣・三浦紗枝

各々のカップルで楽しむ6人。純は紗枝とカップルを組んで行動する。

雄介は純が1人になったタイミングで話しかける。

今日は、純と紗枝をくっつけるために周りが動いてる事を打ち明ける。

この後、紗枝が観覧車で純に告白をする計画、だが純にそれを断って欲しいと言う。

「お前は三浦のこと好きじゃないだろ?亮平は三浦の事好きなんだ。自分の好きな人と幼馴染応援するなんて正気じゃねえよな。」

無理をしている亮平を思ってのことだ。

 

告白する紗枝。はたして純の答えは・・・

カップル二人づつ観覧車に乗る6人。

純と紗枝を乗せた観覧車。

「私てっぺんに着いたら、しようと思ってることがあるの。」

頂上付近に近づくと紗枝は予定通り純に告白を始める。

「安藤くんに告白するって。私、人をこんなに好きになったの初めてなんだ。安藤くんが私のことを嫌いじゃないなら・・・

私と付き合ってください。」

そう言うと紗枝は顔を下に伏せた。

『ごめん、僕男が好きなんだ。』それが誠実な答えだ。

『欲しい!欲しい!欲しい!』純は頭の中で葛藤する。

「三浦さん・・・」顔を上げた紗枝に純は長いキスをした。

『僕は全てが欲しい。男に抱かれて喜びたい。女を抱いて興奮したい。自分の子供を甘やかしたい。欲しい、欲しい欲しい欲しい・・・』

長いキスをしている間、純の頭は複雑な思いが駆け巡っていた。

「ありがとう。僕も三浦さんのこと気になってた。僕と付き合ってください。」

純はキスを終えるとそう言った。

「はい。」

観覧車を降り女子二人にピースサインをする紗枝。

それを見てうつむく亮平。純を見る雄介の目は冷ややかだった。



「腐女子、うっかりゲイに告る。」2話で判明したこと

・紗枝は純に好意を持っている。

・純は亮平とセックスしたいと何度も思ったことがある。

・亮平は紗枝のことが好きだが、純との恋愛を応援した。

・雄介は亮平のことを思って、紗枝からの告白は断るよう純に忠告した。

・純は紗枝の告白にキスで答えた。

「腐女子、うっかりゲイに告る。」2話の感想と予想

見ごたえのある展開でしたね~2話目から大きな展開がありました!

誠実そうに見えた純がまさか紗枝の告白をOKするとは。そして、純のこういう気持ちは同性愛者にならでは何でしょうね。

純は紗枝と今後どういうふうに接していくんでしょうか。

そして、仲良し男子三人組の仲に亀裂が入ってきた気がします。




「腐女子、うっかりゲイに告る。」の原作「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」

ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」の原作は、

小説「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」です。

同性愛者の少年・安藤は、同級生の女子・三浦さんのBL趣味を知ったことから急接近。血の繋がった家族が欲しい。好きな人と一つになりたい。欲しいのは世間が「ふつう」と呼ぶ幸せ。だけど――  https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/443254/A001839043/より引用 



「腐女子、うっかりゲイに告る。」2話のTwitterの反応




2019春ドラマネタバレ感想記事とキャストあらすじまとめ記事

*本ページの作品や配信に関する情報は記事投稿日時点の情報となります。最新の情報は各サイトにてご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。