2019年春ドラマのネタバレ感想

腐女子、うっかりゲイに告る。5話ネタバレ感想!~ゲイが周りに知られるということ~

腐女子、うっかりゲイに告る。5話ネタバレ感想!~ゲイが周りに知られるということ~

テレビドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」5話が放送されました!

今回は前回よりも更に悲しい展開で胸が締め付けられる思いでしたね。

このドラマはマイナーですがかなりレベルが高いと思います。エンディングの演出、流れにはハッとさせられる物がありました。

NHKのドラマですが下ネタも隠さず出てきます。

4話のネタバレ感想記事は↓

腐女子、うっかりゲイに告る。4話ネタバレ感想!~僕たちはなぜ生まれたのか~テレビドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」4話が放送されました! 今回もかなり大きな展開がいくつもありましたね~。 ヘビー...

それでは

この記事の要点
  • 5話ネタバレ・あらすじ
  • 5話で判明したこと
  • 5話の感想
  • 5話のTwitterの反応
  • U-NEXTのNHKオンデマンド無料登録について
  • 「腐女子、うっかりゲイに告る。」原作紹介

を書いていきます!

腐女子、うっかりゲイに告る。」の1話~最新話はU-NEXTのNHKオンデマンドで見ることが出来ます!ポイントを使って無料期間内に解約すれば格安ですので、是非使ってみてください。詳しくはこちら

「腐女子、うっかりゲイに告る。」5話の公式あらすじ

純(金子大地)は、マコトさん(谷原章介)とキスをしているところを紗枝(藤野涼子)に目撃されてしまう。「私たち、キスしたよね。セックスもしようとしたよね。できなかったけど!」涙を流して激怒する紗枝に純は暴言を吐く。紗枝は純の前から走り去る。

クラスの今宮麻衣(吉田まどか)たちは紗枝と純の距離にうすうす気づき始める。小野(内藤秀一郎)は紗枝との仲を純に問いただし、責める。亮平(小越勇輝)は純に声をかけ、幼かった頃の思い出を語る。さらに、麻衣から告白されたことまで亮平は純に話す。

「いろんな好きがあって、ややこしいよね」という亮平は,落ち込む純に助言する。「今の純を丸ごと素直に三浦さんに伝えてみたら?」放課後、紗枝と純は美術室で二人きりで向き合う。

純は、秘密をすべて打ち明けようと心に決め、紗枝に話し始める。「https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/fujoshi/html_fujoshi_story.html」より引用

「腐女子、うっかりゲイに告る。」5話のネタバレあらすじ

怒る亮平

前回、三浦紗枝に誠とキスしていたところを見られて、喧嘩したままの純。

1人屋上で昼食を食べてると、雄介が声をかける。

「三浦と別れたんだって?お前最低だな。亮平のことがなければなあ。」

雄介は過去に、純が紗枝に気がないことを知っていて、紗枝のことが好きな亮平に譲れ、と言っていた。

「そんなに亮平のことが気になるなら、亮平に告白すれば?」

とからかう純。

亮平は怒ってその場を立ち去った。




今宮に告白された亮平

公園で遊ぶ亮平と純。

亮平は今宮に告白されたことを打ち明ける。

「断った。俺が好きなの三浦だから。純くんは三浦のこと好き?」

「わからない。」と答える純。

亮平は「純くんの全てを三浦に伝えてみれば?」

とアドバイスした。

 

紗枝と話す純

純は美術室に紗枝を呼び出し、誠とキスをした件を謝る。

紗枝は問いただす。

「安藤くんはゲイなの?あの男の人は誰?」

純は自身がゲイということも、誠とは不倫関係だということも打ち明けた。

憤慨する紗枝

「なんで私と付き合ったの?世間体なの?」

「僕は普通の人生だって諦められないんだ。女性と結婚して、子供を作って、僕だって普通の人生がほしいんだ。三浦さんなら好きになれるかもって本当に思ったんだ。なのにどうしても勃ってくれなかった。本当に申し訳ないと思ってる。」

「私はどうしたらいいの?安藤くんを諦められない、絶対に振り向いてくれない人を好きになった私はどうすればいいの?」

そんなところに雄介が現れる。

「その話どういうことだよ!亮平のこと裏切りやがって!」

そう言って純の胸ぐらを掴む雄介。

「亮平も間抜けだよな。ホモn女取られるって。」

そう純が言い放つと二人は取っ組み合いの喧嘩になった。

 

純の母は・・・

帰り道のバス、二人で帰る純と母の陽子。

「純くんも女の子のために身体張ったりするんだね。今度彼女紹介してね。」

「そんなんじゃないって。」と否定し外を眺める純。

母の無邪気な”普通”の期待が純の胸を締め付けた。



噂はたちまち広まって

翌日、純が登校し教室に入るとクラスメイトは静まり返る。

亮平だけがから回るように純に話しかける。

すると雄介が

「亮平。あんま話しかけないほうが良いぞ。こいつは男に興奮する変態だよ?」

と言う。

雄介は純がゲイだということを言いふらしていたのだ。

「俺はそんなの気にしないよ?」

と言う亮平。

純は1人屋上に行った。

そこに現れる紗枝。

「安藤くんが心配するほど気にしていよ。特に女子は。私はBLが好きだから、二人の相性は完璧。」

そう慰める。

 

純を追い詰める雄介

次は体育の時間。教室は男子生徒が着替えている。

純が戻ると再び静まり返る教室。

「おい、出てけよ。お前のオカズなる気ないから。」

と言う雄介。

それを止める亮平に

「お前本当に気持ち悪いと思ってないの?男の裸を見て勃つあいつに。」

と言う。

亮平は

「今はそんな時代じゃない!」と言う

「質問に答えろよ。時代じゃないとかどうでもいいんだよ。俺らが気持ち悪いと思うかどうかだろ!」

黙り込む亮平。

「もしかしてお前もあいつと同じ仲間か?」

雄介の問いに思わず「違うよ!」と強く否定してしまう亮平。

亮平が純に目をやると純の頬には涙が流れていた。

「わかった。出ていくよ。」

純はベランダに出て手すりの上に立った。

 

ことは最悪の自体に

高さは3階のベランダ。今にも飛び降りそうな純。亮平は必死で止めようとするが

「僕が悪い。僕がこんなふうに生まれたから。もう疲れた。」

そうつぶやく。雄介は唖然として声が出ない。

「安藤くん!」

騒ぎを見て紗枝駆けつける。

「バイバイ。」

紗枝を見た純は少し笑って身を投げた。

純の世界は真っ暗になった。

紗枝が泣きながら純に必死に話しかけている。

『泣かないで。僕もちゃんと三浦さんが好きなんだ。ただ、どうしても勃ってくれないだけなんだ。』

そう心の中でささやいた。

腐女子、うっかりゲイに告る。6話ネタバレ感想!~純の氷を溶かすのは紗枝のパワー?~ 腐女子、うっかりゲイに告る。6話ネタバレ感想!~純の氷を溶かすのは紗枝のパワー?~ テレビドラマ「腐女子、うっかりゲイ...




「腐女子、うっかりゲイに告る。」5話で判明したこと

・亮平は今宮に告白されたが断った。

・紗枝は純がゲイでも好きという気持ちは変わらなかった。

・雄介によって純がゲイだということを言いふらされた。

・追い詰められた純は学校のベランダから身を投げた。

「腐女子、うっかりゲイに告る。」5話の感想と予想

胸が締め付けられる思いでした。

亮平が純のことをかばいながらも、気持ち悪いということを否定出来ないところが特に悲しかったですね。

他にも母親が期待する”普通”にも本当に胸が痛くなりました。

このドラマはマイナーですがかなりレベルが高いと思います。純が飛び降りた後の演出、エンディングの流れにはハッとさせられる物がありました。

話は重いですが、人の感情が深く丁寧に描かれています。これは是非、実際に見てほしいですね。

腐女子、うっかりゲイに告る。6話ネタバレ感想!~純の氷を溶かすのは紗枝のパワー?~ 腐女子、うっかりゲイに告る。6話ネタバレ感想!~純の氷を溶かすのは紗枝のパワー?~ テレビドラマ「腐女子、うっかりゲイ...

腐女子、うっかりゲイに告る。」ネタバレ感想記事一覧




「腐女子、うっかりゲイに告る。」5話のTwitterの反応




U-NEXTのNHKオンデマンド無料登録について

リンク先の「まずは31日間無料体験」をクリックすると登録ページにいけます。

スマホでも見ることができるのでテレビを持っていない人でも見ることができます。

U-NEXTは31日間無料というかなりの太っ腹なので、31日以内に解約すれば料金がかかることはありません

また、ケータイ支払いに対応しているので登録も簡単にすることができます。

U-NEXTの凄いところは初回1000ポイント貰えて、そのポイントでNHKの観放題パックを購入することもできるところなんです!

NHK公式でも見れますが、NHK観放題パックを無料でお試しできるのはU-NEXTだけです。

また、U-NEXTでは漫画も取り扱っています

なので、原作漫画とテレビドラマ両方を楽しめることができちゃうんです。私は登録後すぐにポイントで漫画購入しちゃいました。

 

他にも対象雑誌読み放題、見放題作品8万動画見放題など、このドラマ以外にも楽しめる至れり尽くせりの内容になっています。

また、契約を継続しても毎月1200ポイントがもらえるので漫画購入などにも使えますね。

取り敢えず、31日間無料トライアル登録だけしても損はないと思いますよ。

電子書籍マンガの場所

ピンクで囲っている3本線のメニューアイコンをタップします。

するとカテゴリ一覧が出てきますので下にスクロールすると「コミック・書籍」というカテゴリがあるのでそれをタップすると電子書籍サイトに行くのでそこから好きな本を選べばポイントで読むことができます。

「腐女子、うっかりゲイに告る。」の原作「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」

ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」の原作は、

小説「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」です。

同性愛者の少年・安藤は、同級生の女子・三浦さんのBL趣味を知ったことから急接近。血の繋がった家族が欲しい。好きな人と一つになりたい。欲しいのは世間が「ふつう」と呼ぶ幸せ。だけど――  https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/443254/A001839043/より引用 



2019春ドラマネタバレ感想記事とキャストあらすじまとめ記事

*本ページの作品や配信に関する情報は記事投稿日時点の情報となります。最新の情報は各サイトにてご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。