無料で動画を見る方法

伝説のお母さん 1話~最終回【全話見放題】見逃し動画をお得に視聴する配信サイト【合法です!2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話】

「伝説のお母さん」全話お得に視聴 する方法、配信教えます!

作品の皆の評判: 3.7(11件のレビュー)

2020年冬ドラマ、土ドラ伝説のお母さん

「いま最も攻めてる!」と話題のよるドラ・第5弾は前田敦子主演!!
テーマは、RPGの世界で子育て!?

1話~最新話の動画をお得に視聴する方法を解説していきます!

この記事の内容
  • 無料で「伝説のお母さん」の動画を見る方法
  • 作品解説・あらすじ・みどころ
  • みんなの口コミ・レビュー(書き込み可)
  • 他にも視聴できる配信中の作品

 

結論から言うとU-NEXTを利用するのが一番幸せになれます!

公式のNHKオンデマンドでも見れますがポイントがもらえるのはU-NEXTのみです。

31日間以内に解約すれば月額料無料です。

アイキャッチ画像はhttps://www.nhk.or.jp/drama/yoru/densetsu/より引用

本ページの情報は2020.3.1時点のものです。最新の配信状況は 各動画配信サイトにてご確認ください。

「伝説のお母さん」1話~最新話の動画を視聴する方法・配信サイト

「伝説のお母さん」をU-NEXTで見る

伝説のお母さん」をテレビ放送後、ネットで視聴できる方法は

の2つです。

TVerは民法番組のみの配信なのでNHKの番組は放送されません。

伝説のお母さん」の配信状況の表が以下のとおりです。*2020.3.5時点

スマホは横にスクロールできるよ
配信サイト配信状況月額(税別)特典
U-NEXTのNHKオンデマンド◯(見放題コース)1990+900円月額31日間無料
初月600ポイント
以降毎月1200ポイント付与
公式NHKオンデマンド◯(見放題コース)900円なし
TVer×無料なし
Paravi×925円月額30日間無料
hulu×933円月額2週間無料
FOD×888円月額1ヶ月間無料
毎月8のつく日に400ポイント付与
計毎月1200ポイント
Netflix×800~1800円無し
dTV×780円月額30日間無料
AmazonPrime
×455円月額30日間無料

 

という具合にU-NEXT一択の状態なんです。

NHK公式でも見れますがポイントが付与されません。U-NEXTは初月1000ポイント付きます。*このページから登録すると1000ポイントになります。通常ページから登録しますと600ポイントになってしまいますのでお気をつけください。

1990円の月額料は31日間以内に解約すれば無料です。他の作品や雑誌を見ることができるので、U-NEXTを使ったほうが絶対にお得ですね。

NHK観放題パックをお得にお試しできるのはU-NEXTだけです。

U-NEXTのNHKオンデマンドの見放題コースについて

U-NEXT NHKオンデマンド、新プラン

U-NEXTでNHKの番組を見るには

  • 単話でレンタル
  • NHKまるごと見放題パック

 

単話でレンタル

は1話のみ観ることができます。

NHKまるごと見放題パック

過去に放送した番組が観放題です。

それぞれ972円ですので貰える1000ポイントでどちらかをお得に選ぶことができます。もちろん課金して2つとも選んでも大丈夫です。

継続しても毎月1200ポイント貰えるのでそれを使うことも出来ますよ。

また「伝説のお母さん」以外にも沢山人気ドラマを配信中です!

  • 今日から俺は
  • 3年A組
  • おっさんずラブシリーズ
  • ドクターXシリーズ
  • 相棒 シリーズ
  • 科捜研の女 season19
  • 孤独のグルメ
  • アリバイ崩し承ります などなど・・・*2020.3.29時点
多くのドラマが観れるのがU-NEXTのいいとこですね!

U-NEXTはNHKを含め幅広いテレビ局の番組が多いのが特徴です。NHKやテレ朝のドラマは他の配信ではあまり扱っていないので嬉しいですね。

またTVerやテレビのようにCMが表示されないので快適ですね。

「伝説のお母さん」の作品解説・キャスト

伝説のお母さん。作品解説。NHK土ドラ

https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/densetsu/より出典

「いま最も攻めてる!」と話題のよるドラ・第5弾は前田敦子主演!!
テーマは、RPGの世界で子育て!?

原作かねもと「伝説のお母さん」
脚本玉田真也、大池容子
演出村橋直樹、佃尚能、二見大輔
ジャンルRPG子育てストーリー
配信予想U-NEXTのNHKオンデマンド

キャスト

クリックでキャスト一覧
  • メイ(28) 前田敦子 かつて魔王を封印した史上最強の魔法使い
  • モブ(30) 玉置玲央 メイの夫
  • カトウ(25) 井之脇海 国王に仕える若き士官
  • マサムネ(30) 大東駿介 伝説の勇者
  • ベラ(38) MEGUMI. 伝説のシーフ(盗賊)
  • ポコ(26) 片山友希
  • クウカイ(23) 前原瑞樹

どんなドラマ?

物語の主人公は、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーを彷彿(ほうふつ)とさせるロールプレイングゲーム(RPG)の世界に生きる「伝説の魔法使い」。
出産後初のドラマ主演となる前田敦子が、家事に育児に冒険に奮闘する母親役をリアルに演じます。
待機児童にワンオペ育児…“無理ゲー”な問題山積みの子育てを“ファンタジーなのにリアル”に描く、「RPG子育てストーリー」!!

https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/414066.htmlより引用

「伝説のお母さん」原作について

 

かねもとさん著、漫画「伝説のお母さん」が原作になっています。

原作者かねもとさんのコメント

実写ドラマ化のお話をいただいたときは、ビックリしました。ファンタジーRPGの世界観をどう表現するんだろう!?と(笑)。
でも、子育てを取り巻く問題や、「子どもと自分の人生のバランスをどうやってとっていくか」をテーマに描いてきたので、今このタイミングで、ドラマ化する意味を見出してくれたのだと思います。
ドラマでは、原作では描かれなかった男性の目線や、さまざまな立場の人が登場します。私も毎話台本を読むたびに、映像になるのが楽しみになっています。みなさんも一緒にドラマの世界を楽しみましょう!

https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/densetsu/より引用

「伝説のお母さん」皆の評判と感想・口コミ



作品の感想を書く
1
2
3
4
5

送信

     

キャンセル

作品の感想を書く

ドラマ情報サイトのドラマイル

平均評価:  

 11 レビュー

by Anonymous

ちょっと変わったドラマでストーリーが風刺が入って感じで興味が湧くドラマです。冒険に行くための内緒で討伐新メンバーを選ぶトーナメント試合し、メイが戦う相手がメイの旦那のモブだったから、メイはすごく驚いたと思った。魔王の期待通り、夫婦げんかが始まって魔王楽しかっただろうと思った。

by Anonymous

感想といたしましては、小澤さんの演技がすごく良かったです。可愛らしい表情がたくさんあってそこが見所なのかなと思いました。また、ドランクドラゴンの塚地さんの演技も良かったです。また、ストーリーも家族愛を感じられて良かったです。

by Anonymous

現実における土台を固めないままの「女性活躍社会」の欠落や「女性は家庭を守り、子を育てるもの」という根強い偏見をRPG風の異世界ドラマでゆるーく浮き彫りにするという意図は評価できる。
ただ、レトロゲーム画面風のドット絵シーンを要所に挟み込む手法は中途半端で安っぽく感じた。セットを組んだりフルCGを作成するよりも安価で手軽なのだろうが、本気で異世界を具現化するわけでもなく、パロディと割り切るのでもなくどっちつかず感が強い。

by Anonymous

世界観が面白かった。
ドラク〇のようなRPGで魔王討伐する魔法使いが主人公なんだけど、8か月の子供がいるワーママ。
育児放棄の旦那と満員の保育園で討伐に子供を連れだす、というのが第1話の大きな展開で、設定はとても面白かった。
ただ、職場復帰する主人公の仕事に対する態度がいまいちまだ出来上がってないと感じた。
保育園は満員なんだけど、スタッフから、国王命令だから特例で保育園に預ければ?と提案されるけど、
他のママも同じく困っているから、と辞退するシーンには、何でお言葉に甘えないの??と共感できなかった。
(ここで保育園に預けると、子連れで魔王討伐できなくなるからかな、と後で気づきました。)
主人公の成長ドラマなのかな?
だとしたらこれからの展開に期待しています。

by Anonymous

昔懐かしいゲーム画面と、待機児童問題、子育てに対する男女の認識の違いなど、世の中のお母さんが直面する問題がテンポよく描かれているなと感じました。旦那さんの失業も、実は仕組まれたものだったりと、闇の部分も多そうな予感がします。そして、旦那さんの育児のダメダメぶりも面白かったです。

by Anonymous

ゲームの世界と連動されているのが、新鮮な感じがしました。前田敦子さんが赤ちゃんの抱っこやオムツの確認等の所作が凄く自然でうまかったから、アイドルからお母さんになったんだなと実感しました。ストーリーとしてはまだわかりませんが次回も見てみようと思いました。

by Anonymous

「伝説のおかあさん」ってタイトルなので、和風な昔ながらのおかあさんのドラマかなとおもったら、ゲームの世界のドラマで凄く驚きました。ストーリーは何となくわかりましたが、登場するセットの一つ一つがとてもおしゃれでかわいいと思いました。

by Anonymous

RPGゲームにありがちな王道ストーリーの中に、現実世界のママさん達が抱えていそうな切実な問題が山積みで現実さと非現実さが混在した一風変わった世界観で楽しめた。前田敦子さんは産休されていてブランクがあるかなと心配していたが上手く演じていたと思う。

by Anonymous

1話から凄く面白かったです。メイの夫、モブがあまりにも酷すぎて全然子供の面倒なんて見ていないじゃないですか。
モブの仕事がクビになったのは、保育所が空いていないからということで、モブが仕事をやめればさっちゃんをあずけてメイは魔王を倒しに行くことが出来るからだと辞めさせられたわけですが、あまりにも非協力的でのんきにゲームなんかしていてイライラしました。
前田敦子さんの演技も凄くハマり役でした。

by Anonymous

ロールプレイングゲームの世界観がらよく出せているのに、現実社会の幼い子どもを育てているお母さんたちの苦悩を魔法使いのメイが語るのが深刻な内容ながらも面白く仕上げてあり、メイを演じられた前田敦子さんも新米のお母さんという部分も物語を盛り上げていて、前田さんの日常を見ているような気持ちになれるのも面白く感じて次回も楽しみになりました。

by Anonymous

主人公のメイ(前田敦子)は魔王討伐を封印した伝説の勇者一行という面を持つ中で現在は専業主婦でワンオペ育児をしているというもう1つの面を持っているという斬新なストーリーで、数々の困難を乗り越えて育児と世界平和の両方を実現できるのか先が想像ができないため非常におもしろいドラマだと思います。

U-NEXTで配信中のドラマ作品

U-NEXT配信中・配信予定の2020年冬ドラマ作品(NHK作品含む)

*2020.3.29時点

U-NEXT配信中の歴代人気ドラマ作品

  • 今日から俺は
  • 3年A組
  • おっさんずラブシリーズ
  • ドクターXシリーズ
  • 相棒 シリーズ
  • 科捜研の女 season19
  • 孤独のグルメ
  • アリバイ崩し承ります などなど・・・*2020.3.29時点

「伝説のお母さん」のあらすじ

1話

伝説の魔法使い・メイ(前田敦子)のもとに国王(大倉孝二)が士官・カトウ(井之脇海)をつかわす。復活した魔王(大地真央)に国境の町が攻め落とされ急速に領土が侵されつつあるらしく、再び討伐の旅へ出てほしいというのだ。しかし今のメイは8か月の子を抱え、ワンオペ育児に奮闘する母親。

夫のモブ(玉置玲央)は頼りなく、保育所にも空きはない。悩んだメイは思い切ってモブに子を託し、伝説のパーティ再結成の祝賀会に参加する。再会の喜びに沸くメンバーたちだったが、それぞれ悩みを抱えていて、魔王討伐は明らかに前途多難だった…。

https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/densetsu/より引用

2話

メイ(前田敦子)は、魔王討伐に招集されたものの子供の預け先が見つからず、子連れで冒険に出てしまう。仲間のシーフ(盗賊)・ベラ(MEGUMI)は戦場に赤ちゃんを連れてきたメイを叱りつつ、「育児に当事者意識を持つべき」とメイの夫・モブ(玉置玲央)の頼りなさに憤る。平謝りするメイに、「この状況で魔王に勝利したらかっこよくないすか?」と僧侶・クウカイ(前原瑞樹)が加勢、リーダーのマサムネ(大東駿介)も冒険を継続すると決め、「お前は“伝説のお母さん”になれ。」とメイに告げる。一方、魔王(大地真央)は人間たちの抱える問題を研究、次なる攻撃を考えていた。

https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/densetsu/より引用

3話

子連れで冒険に出たものの失敗が続き、落ち込むメイ(前田敦子)。士官・カトウ(井之脇海)は、メイの子育て問題を先に解決するよう国王(大倉孝二)に直訴しようと提案する。しかし、逆に国王から弱みを突かれ、メイたちは魔王討伐を急ぐよう言い含められる。また、シーフ(盗賊)・ベラ(MEGUMI)が一時パーティから抜け、盗賊会社の仕事に戻ることに。ひとりで幼い息子を育てるベラは、責任ある仕事を任せてもらえず悩んでいた。ベラが仕事に集中できるよう息子のベルを預かったメイは、ベルが夫のモブ(玉置玲央)よりはるかにうまく家事をこなす姿に目を見張る。

https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/densetsu/より引用

4話

メイ(前田敦子)たち伝説のパーティは、僧侶・クウカイ(前原瑞樹)と戦士・ポコ(片山友希)がまもなく結婚するというサプライズ発表に沸いていた。しかし「子どもはいらない」とポコが宣言したことで、ふたりの関係に暗雲が漂う。「結婚=出産」という常識に縛られ、戦士としてのキャリアを失いたくないというポコ。しかしクウカイは、代々一子相伝の魔法を継承してきた両親の期待に応えようとしていた。一方、魔界に寝返った勇者のマサムネ(大東駿介)はかつて戦った魔王(大地真央)と再び対面するが、そこで意外な事を告げられる。

https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/densetsu/より引用

5話

メイ(前田敦子)たち伝説のパーティは、魔王(大地真央)を討伐する旅を再開する決起集会を開く。しかし、そこへ来た士官・カトウ(井之脇海)から「全員魔王討伐のメンバーから外された」と告げられ衝撃を受ける。突然のクビ宣言に抗議するメンバーの前に、メイの後輩魔法使い・メルル(林田岬優)が現れ、メイたちに代わる新パーティのリーダーに任命されたと告げる。さらに、国王主催の新たな討伐メンバー募集チラシを見せられると、仲間たちの怒りは頂点に達する。一方、メイは子育てに専念できる状況に安堵しつつ、割り切れない思いも抱えていた。

https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/densetsu/より引用

6話

「冒険に出たい」と自らの意志で立ち上がったメイ(前田敦子)。内緒で出場した、魔王討伐の新メンバーを選ぶトーナメント会場で夫のモブ(玉置玲央)と鉢合わせる。言い争う二人を笑って傍観する国王(大倉孝二)に、カトウ(井之脇海)が思わず「陛下のせいです」と言ってしまったことから、モブが仕事をクビになった裏事情が明らかになる。ショックを受けたモブは会場から飛び出し、魔王(大地真央)に寝返ったマサムネ(大東駿介)に愚痴を言う。モブの家出に落ち込むメイは、この際モブと離婚すべきだと仲間のベラ(MEGUMI)やポコ(片山友希)に忠告されてしまう。家に帰りたくないモブはマサムネの元に身を寄せるが、そこは魔界で、魔王の手が迫っていた。

https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/densetsu/より引用

7話

メイ(前田敦子)たちは魔王(大地真央)にメルル(林田岬優)が捕らえられたと聞き緊迫するが、直後、魔王側から「平和的に話し合いたい」との要求が国王(大倉孝二)に伝わる。魔王のワナではないかと疑う国王は、メイやベラ(MEGUMI)たち伝説のパーティを再び集め、この機に乗じて魔王を生け捕りにする作戦を授ける。作戦に加わるか迷うメイだったが、夫・モブ(玉置玲央)は自分が子育てをするからと、メイの背中を押す。しかし、モブに預けた赤ちゃんが気になるあまり、メイは作戦準備に集中できない。そして、国王と魔王の首脳会談の日。メイたちが魔王生け捕り作戦を実行に移そうとした矢先、魔王が会談の真の目的を口にし、その意外な内容に国王やメンバーたちは驚く。

https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/densetsu/より引用

最終回 8話(最終話)

魔王(大地真央)との最終決戦を前にメイ(前田敦子)はパーティから外され、カトウ(井之脇海)は納得いかない。ベラ(MEGUMI)たちに詰め寄るカトウだったが、メイは赤ちゃんを連れてカトウの家を訪ねていると聞かされ、驚く。カトウの家で意外な人物と出会ったメイは、夫・モブ(玉置玲央)の元に戻る決心をする。一方、メイがいない間に、魔王との決戦に臨んだベラたちだが、なすすべもなく敗北寸前まで追い詰められる。魔王がとどめを刺そうとする寸前、メイが救出に駆けつける。しかし、今の魔王はメイたちの想像を超える恐ろしい力を身につけており、仲間たちは次々と倒され、メイも窮地に陥る・・・。

https://www.nhk.or.jp/drama/yoru/densetsu/より引用

*本ページの作品や配信に関する情報は記事投稿日時点の情報となります。最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。