MENU
無料で動画を見る方法

ドラマ アシガール&SP 1話~最終回【全話見放題】見逃し動画を超絶お得に視聴できる方法・配信サイト教えます!【U-NEXTオンデマンド】

ドラマ アシガール&SP 1話~最終回【全話見放題】見逃し動画を超絶お得に視聴できる方法・配信サイト教えます!【U-NEXTオンデマンド】

作品の皆の評判: 4.1(15件のレビュー)

2020年4月17日より再放送中のNHKドラマアシガール

速川唯、16歳。
恋から生まれたデタラメなパワーは出会う者を動かし、愛する人を変え、やがて戦国時代を揺るがせてゆく。
愛しい若君を守るため、〝アシガール〟唯が戦国の荒野を駆けめぐる!

このドラマの1話~最終話、アシガールSPの動画をお得に視聴する方法を解説していきます!

この記事の内容
  • 無料で動画を見る方法
  • 作品解説・あらすじ・みどころ
  • みんなの口コミ・レビュー(書き込み可)
  • U-NEXTで配信中の作品

 

結論から言うとU-NEXTを利用するのが一番幸せになれます!

公式のNHKオンデマンドでも見れますがポイントがもらえるのはU-NEXTのみです。

31日間以内に解約すれば月額料無料です。

*このページから登録すると1000ポイントになります。通常ページから登録しますと600ポイントになってしまいますのでお気をつけください。

 

本ページの情報は2020.4.20時点のものです。最新の配信状況は 各動画配信サイトにてご確認ください。

朝ドラ「アシガール」1話~最終回の見逃し動画を視聴する方法・配信サイト

「アシガール」「アシガールSP」を配信しているサービスは?

アシガール」「アシガールSP」は

で配信中です。

の配信状況の表が以下のとおりです。*2020.4.20時点

配信サイト配信状況月額(税別) 
U-NEXTのNHKオンデマンド◎(見放題ポイントあり)1990+900円月額31日間無料
初月1000ポイント
以降毎月1200ポイント付与
公式NHKオンデマンド△(見放題ポイントなし)900円無し
TVer×無料無し
hulu×933円月額2週間無料
FOD×888円月額1ヶ月間無料
毎月8のつく日に400ポイント付与
ビデオパス×562円月額30日間無料
毎月550ポイント付与
dTV×550円月額31日間無料
AmazonPrime×455円月額30日間無料

U-NEXTの場合

  • 月額1990円→31日間無料
  • 見放題990円(税込)→貰える1000Pで相殺

という具合にU-NEXT一択の状態なんです。

NHK公式でも見れますが無料期間がありませんし、ポイントが付与されません。U-NEXTは初月1000ポイント付きます。
*このページから登録すると1000ポイントになります。通常ページから登録しますと600ポイントになってしまいますのでお気をつけください。

他の作品や雑誌を見ることができるので、U-NEXTを使ったほうが絶対にお得ですね。

NHK観放題パックをお得にお試しできるのはU-NEXTだけです。

U-NEXTのおすすめポイント~公式NHKオンデマンドよりお得な理由~

U-NEXT NHKオンデマンド、新プラン

U-NEXTでNHKの番組を見るには

  • 単話でレンタル
  • NHKまるごと見放題パック

単話でレンタル

は1話のみ観ることができます。

NHKまるごと見放題パック

過去に放送したNHKの番組が観放題です。

通常600ポイントのところ、こちらのページでは1000ポイント貰えるのでNHKまるごと見放題パックをお得に選ぶことができます。

さらに、月額料も31日間無料なのです。継続しても毎月1200ポイント貰えるのでそれを使うことも出来ますよ。

また「アシガール」以外にも沢山人気ドラマを配信中です!

例えば…
  • 今日から俺は
  • 3年A組
  • おっさんずラブシリーズ
  • ドクターXシリーズ
  • 相棒 シリーズ
  • 科捜研の女 season19
  • 孤独のグルメ
  • アリバイ崩し承ります などなど・・・*2020.3.29時点
多くのドラマが観れるのがU-NEXTのいいとこですね!

U-NEXTはNHKを含め幅広いテレビ局の番組が多いのが特徴です。NHKやテレ朝のドラマは他の配信ではあまり扱っていないので嬉しいですね。

またTVerやテレビのようにCMが表示されないので快適ですね。

さらに、U-NEXTでは漫画や雑誌も取り扱っています。なので、漫画や雑誌とテレビドラマ両方を楽しめることができちゃうんです。

他にも対象雑誌読み放題、見放題作品8万動画見放題など、このドラマ以外にも楽しめる至れり尽くせりの内容になっています。

また、契約を継続しても毎月1200ポイントがもらえるので漫画購入などにも使えますね。

取り敢えず、31日間無料トライアル登録だけしても損はないと思いますよ。

朝ドラ「アシガール」皆の評判と感想・口コミ・レビュー



作品の感想を書く
1
2
3
4
5

送信

     

キャンセル

作品の感想を書く

ドラマ情報サイトのドラマイル

平均評価:  

 15 レビュー

by Anonymous

先ずは主演の黒島結菜が良いです。
普通の女子高生を気負いもなく、自然に演じていて違和感を全く感じません。
その現在があるからこそ、時空を越えて戦国時代に迷い混んだ状況とのギャップを溌剌に描かれていて面白いです。
伊藤健太郎が若君を抑えめに演じているのも物語にスパイスを効かせています。
これからの展開に期待が持てるドラマです。

by Anonymous
アシガールを見た感想

唯ちゃんがとても可愛いです。物語序盤のただの食いしん坊の唯ちゃんのままでも大好きなんですけど、現代にタイムスリップして戻れたのにまたあの戦国時代に戻ってしまう、健気なところも好感が持てて設定はSFなのに、現代の女子高生の感情をリアルになおかつ、笑える描写で表現していてとても楽しめる作品でした。

by Anonymous

よく戦国時代にタイムスリップするストーリーは多いですが、まさかの最初は足軽として戦場に行くのは驚きました。しかし、徐々に仕える若様に恋をして行くストーリーが面白かったです。また、漫画が原作なので設定がしっかりしていたから見やすかったです。

by Anonymous
爽やかでクスッと笑えるドラマ

唯演じる黒島結菜さんがとにかく可愛いです。戦国時代にタイムスリップして走るのが得意だからと足軽になって良く走っているシーンが出てきて躍動感があります。若君の伊藤健太郎さんも爽やかさと正義感が全開で好感が持てます。戦国時代と現代との生活のギャップでクスッと笑える場面も多くとても楽しいです。

by Anonymous
伊藤健太郎さんが素敵すぎる!

伊藤健太郎さん演じる若君が本当に素敵です。顔の美しさはもちろんのこと、ただずまいが本当に凛々しくてかっこよい。メロメロです。本当に理想の若君だと思います。また、悪者は出てきますが基本的に優しい世界観ゆえ、作品全体を穏やかな気持ちで見れるところも好きです。

by Anonymous
時空を越えた不安感は恋で一新してトキメキまくる可愛い唯はイマドキの女子高生

タイムスリップして気が動転してしまう女子高生の唯に同情していたのにイケメン若君の忠清に胸キュンした途端に元気溌剌とはビックリ、学校に行っていないのにタイムスリップしてしまう発明品を生み出してしまう弟の尊はもう普通の学校なんて必要ないとしか思えない天才的才能にビックリ、トンでもない姉弟がいるものだと感じつつ、若君の忠清に兵士として仕える面々が唯之助と名乗る唯が女性だとナゼ気付かないと感覚の鈍さと笑えてしまう所が多く、忠清と腹違いの兄である成之とのスレ違い、唯の家族の思いなど見所が沢山なドラマでした。

by Anonymous
1. タイトル ドラマ「アシガール」

ドラマ「アシガール」を見た感想として、脚力だけがとりえの女子高生が、戦国時代にタイムスリップする内容であり、とても面白く感じられました。愛する若君を守るため、足軽となって戦場を駆けるということで、迫力がありました。

by Anonymous
タイムスリップ

走ることが大好きで走るのも早い女子高生が、戦国時代にタイムスリップしてしまうという、ありえないところからストーリーが始まりましたが、伊藤健太郎くんというイケメンに出会ってしまって、びっくりだけどきゅんとするストーリーでした。これから現代に帰れるのか、恋の行方はどうなるのか楽しみです。

by Anonymous
タイムッスリップ系としては

好きな人の為にがんばるのは分かるんですが、流石に戦場には行かないだろ…ってのが最初に抱いた疑問でした。
NHKらしく中途半端な作品ではないし面白い事に違いはないんですが、最初の掴みが悪く、また足軽の恋がなぜか後半には若君も恋愛モードと歴史モノをもじった恋愛ドラマな感じがして残念でした

by Anonymous
唯面白い

唯が忠清に一目ぼれしていたのがとても面白くてよかったです。唯が忠清に会えなくて落ち込んでいたのがよかったです。唯が信茂に直訴していたのがすごいと思います。唯が馬にも負けない速さだったのがとても面白くてよかったです。

by Anonymous
明るめな恋模様作品です。

恋愛的な要素を主軸とした作品で、時代劇感と現代の狭間を時間軸を変更したラブストーリーといったらいいんでしょうか。原作ありきではあるんですがちょいとオリジナリティをまじえているけども少女漫画にありそうなまっすぐな恋模様とかはっきりとした人間模様が描かれていて感情をぶつけたきなるようなスッキリした内容に感じました。

by Anonymous
面白い恋愛ドラマ!

王道な恋愛青春ドラマに飽きてしまった私にはぴったりなドラマでした!女子高生がタイムスリップして足軽になって恋愛するという、ぶっとんだ設定なのにキュンキュンできるポイントがたくさんありました。素敵なドラマに出会えて良かった!

by Anonymous
とにかく面白い!

このドラマは主演の黒島結菜さんと伊藤健太郎さんがスゴく素敵で、原作は少しだけ拝見した事があるのですがスゴく上手く実写化されている作品だと思います。ラブコメなので気軽に楽しめますし、唯の真っ直ぐで純粋な気持ちと若君の誠実で格好よすぎる姿は、見ているだけで元気になりました。

by Anonymous
戦国時代に興味が持てるかも

このタイトルを見た時に、まさか足軽と足の速さを誇るガールとのかけ合わせとは思いませんでした。タイトルからいかしている、そして物語も荒唐無稽で面白いです。戦国時代なんて一番行きたくないタイムスリップ先ですが、興味が持てました。

by Anonymous
若君に恋せずにはいられない!

原作の漫画が大好きでドラマ化を楽しみにしていた作品でした。
当初キャストが発表されたときは「若君が伊藤健太郎さん?ちょっとイメージと違うかも…」と感じていました。
ですが、実際にドラマを見てみたらひと目で唯と一緒に恋に落ちてしまいました。
唯の真っ直ぐさと若君の儚さにキュンキュンしてしまいました。

ドラマ「アシガール」の作品解説・キャスト・解説

速川唯、16歳。
恋から生まれたデタラメなパワーは出会う者を動かし、愛する人を変え、やがて戦国時代を揺るがせてゆく。
愛しい若君を守るため、〝アシガール〟唯が戦国の荒野を駆けめぐる!

原作漫画:森本梢子「アシガール」
脚本宮村優子
主題歌GReeeeN 「星影のアシガール」
演出 中島由貴、伊勢田雅也、鹿島悠
ジャンルタイムスリップ時代劇
配信U-NEXTのNHKオンデマンド
公式サイトアシガール

キャスト

  • 速川唯/唯之助 – 黒島結菜
  • 羽木(はぎ)九八郎忠清 – 健太郎(伊藤健太郎)
  • 羽木成之 – 松下優也
  • 吉乃 – ともさかりえ
  • 松丸阿湖 – 川栄李奈
  • 速川覚 – 古舘寛治
  • 速川美香子 – 中島ひろ子
  • 速川尊 – 下田翔大
  • 天野小平太 – 金田哲(はんにゃ)
  • 天野信近 – 飯田基祐
  • 如古坊 – 本田大輔
  • 木村先生/木村政秀 – 正名僕蔵
  • 相賀一成 – 西村まさ彦(SP)
  • 千原元次 – 升毅
  • 久 – 田中美里
  • 羽木忠高 – 石黒賢
  • 天野信茂 – イッセー尾形
  • ふき – 中村静香
  • あやめ – 森優作
  • 悪丸 – MAX
  • 源三郎 – 篠田諒
  • 遠太 – 大窪人衛
  • 千吉 – 竹井亮介
  • 画治郎 – 森下創
  • 勘兵衛 – 水野智則
  • 諸橋則次 ‐ 中野剛
  • 坂口寿久 – 山本龍二
  • かめ ‐ 原扶貴子
  • 藤尾 ‐ 山野海
  • 有山永季 – 稲荷卓央
  • 松丸義次 – 中山義紘
  • 三之助 – 庵原匠悟
  • 孫四郎 – 秋元麟
  • 平念 ‐ 一本気伸吾
  • 高山宗鶴 – 村田雄浩
  • 高山宗熊 – 加藤諒
  • 木村加代 – 水津亜子
  • 氏坂又十郎 – 平山祐介

どんなドラマ?

脚力だけがとりえの女子高生が、戦国時代にタイムスリップ。愛する若君を守るため、足軽となって戦場を駆ける。――そんな人気コミック原作のドラマが「土曜時代ドラマ」枠に登場。世代を問わずに楽しめる、時代劇の枠を超えた〝超〟エンターテインメント時代劇です。ご期待ください。

https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/ashigirl/html_ashigirl_midokoro.htmlより引用

見どころ

森本梢子の人気少女コミックを黒島結菜主演でドラマ化。ちょっとおバカな速川唯が、愛する若君を守るために足軽となって戦場を駆けめぐる姿は、世代を問わずに楽しめる。

https://video.unext.jp/freeword?query=%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB&td=SID0031218より引用

ドラマ「アシガール」の原作漫画について

ドラマ「アシガール」の原作は漫画:森本梢子「アシガール」になります。

 

速川唯は、遅刻・忘れ物・居眠りの常習犯で恋愛にもオシャレにも関心がないぐうたら女子高生。何の目標もなくなんとなく過ごしていたある日弟の尊がつくったタイムマシンでうっかり戦国の世へ。そして人類史上初の足軽女子高生が誕生した──!

作者:森本梢子さんのコメント

出演者の皆さま、スタッフの皆さまにおいては、暑い暑い中での時代劇の撮影はさぞや大変だったと思います。皆さんがこだわりぬいて、愛情をもって作ってくださっているのが遠く熊本にいてもヒシヒシと伝わってきます。本当にありがとうございます。
原作のまんがはSFファンタジーでラブコメディです。ですが「戦国時代の描写を、自分にできるだけきちんと描いていこう」というのが連載当初から私が密かに頑張ってきたところなのです。実は。言葉や背景、生活や人となり、などです(できるだけ、ですが)。ですからNHKの時代劇ドラマのお話を頂いたとき、もしかしてそこも伝わったのかなと感動しました。何よりキャストの皆さんが私のイメージどおりで、好きな方ばかりで、本当にうれしいです。結菜ちゃんのかわいい足軽姿を見た時は「シャッ」って叫びましたよ。
読者から「ドラマ楽しみです」「待ちきれない」という声が、私のほうにもたくさん届きます。私もこれまでにないくらいワクワクしてます。放送がはじまったら視聴者の皆さんと一緒に結菜ちゃんの唯ちゃんを応援して、健太郎くんの若君にキュンキュンしたいと思ってます。
どうぞよろしくお願いいたします。

https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/ashigirl/html_ashigirl_midokoro.htmlより引用

U-NEXT月額1990円(税別)ですが、登録後31日間無料なので31日間以内に解約すれば無料です。

「アシガール」あらすじ 1話~最終回

1話

速川唯(黒島結菜)・十六歳。走ることだけが得意な唯だが、明るい高校生活をなんとなく送っている。しかし、ある満月の夜、発明好きの弟の尊(下田翔大)が造ったタイムマシンで、戦国時代に送り込まれてしまう。目覚めた唯は激しく混乱するが、なんとかよろいを手に入れて足軽隊に混じる。素性を疑われて、「唯之助」とごまかす唯。絶望していた唯だが、目の前にりりしい若武者が現れ一目惚れする。彼こそが、戦国大名羽木(はぎ)家の嫡男、羽木九八郎忠清(健太郎)だった。なりゆきで、農村の吉乃(ともさかりえ)のもとに息子の唯之助として身を寄せる唯。いつ現代に戻れるとも知れぬまま、忠清にまた会いたい一心で城を目指すが・・・。

https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/ashigirl/html_ashigirl_story.htmlより引用

2話

現代の女子高生だったはずがタイムスリップして、戦国に来てしまった唯(黒島結菜)。唯之助として日々を過ごすことに。若君・忠清(健太郎)に会えず落胆しているところに、家老どうしが家来に競わせる「かけくらべ大会」の話が耳に入る。唯はまず天野家の家来になろうと、隠居・信茂(イッセー尾形)に、馬にも劣らぬ足の速さを見せて直訴。かけくらべに出場することになる。見事勝利したものの天野に取り立ててもらうことはできず、農村の吉乃(ともさかりえ)のもとに戻る。諦めきれない唯が出会ったのは、忠清の腹違いの兄・成之(松下優也)。足軽として、忠清の役に立ちたいと訴える唯だったが、若君の婚約者の阿湖姫(川栄李奈)の件を聞かされ・・・。

https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/ashigirl/html_ashigirl_story.htmlより引用

3話

戦国時代から現代に戻ってきた唯(黒島結菜)は、若君・忠清(健太郎)がまもなく合戦で命を落とす運命と知り、再びタイムスリップして彼を救おうと強く決意する。その熱意に根負けした弟の尊(下田翔大)は、唯のために新たなグッズ「秘剣・でんでん丸」を発明して持たせる。次の満月の夜、戦国に戻った唯は、吉乃(ともさかりえ)のもとで戦国の農民の暮らしにたくましくなじんでいく。一方、羽木家では高山家との争いが続いていた。領民の苦しみを思いやる忠清。そこに城奪還の好機をこっそり報せたのは、意外にも兄の成之(松下優也)だった。戦が再び始まると聞いた唯は、今度こそ足軽の一員になって若君を守ろうとさっそく城に駆けつけるが…。

https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/ashigirl/html_ashigirl_story.htmlより引用

4話

身をもって合戦を体験し、大きなショックを受けた唯(黒島結菜)。戦勝の宴の宵に、芝居一座の女形・あやめ(森優作)と知り合う。その夜、若君・忠清(健太郎)のもとで地元の豪士の娘・鐘ヶ江のふき(中村静香)が一晩仕えると聞いて仰天する。あやめの手を借りて女の姿になった唯は、ふきに代わって忠清の閨(ねや)に忍び込むことに成功する。緊張のうちに忠清に向き合った唯。その寂しげな表情に胸をつかれる。言葉を交わすうち、忠清は「ふく」と名乗る唯の精一杯のふるまいに思わず笑顔に。ひととき吉乃(ともさかりえ)のもとに戻った唯だが、またも戦が始まると聞き、黒羽城へ駆けつける。若君にとって大変な戦いになろうとしていた。

https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/ashigirl/html_ashigirl_story.htmlより引用

5話

若君・忠清(健太郎)が率いる羽木軍のピンチを救おうと、現代に戻った唯(黒島結菜)。弟の尊(下田翔大)に頼み込みグッズ「まぼ兵くん」を持って戦国へ。足軽「唯之助」として、忠清の馬について合戦の野を駆け回り、大奮闘する。活躍を買われた唯は、天野信茂(イッセー尾形)の計らいで、忠清の「御馬番」となる。そばにいられると喜んだのもつかの間、馬の世話に明け暮れるはめに。しかしそんな折に忠清から遠出に誘われ、勇んで馬を引く。この初デートで忠清の思いに触れ、いっそう好きになる。吉田城での、高山との和議を任された忠清だが、唯はそこに暗殺の陰謀をかぎつけ、忠清を追って走る。が、一歩遅く、すでに忠清に向かって矢が放たれていた。

https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/ashigirl/html_ashigirl_story.htmlより引用

6話

タイムマシーンで戦国から送られた瀕死の若君・忠清(健太郎)に、速川家の面々は驚くが、母の美香子(中島ひろ子)の尽力で命を取りとめる。戦国時代にいる唯(黒島結菜)は、タイムマシーンの仕組みから、3分すれば忠清は戻るはずと、気楽に構えていた。が、戻ってこず、若君が消えたと大騒ぎになってしまう。しかも成之(松下優也)の策略で、唯は忠清の失踪への関わりを疑われることに。城から逃げ出した唯が偶然出会ったのは、忠清のいいなづけの阿湖(川栄李奈)だった。一方平成の世での忠清は、唯を心配しつつ養生していた。にじみ出る若君らしさは、尊(下田翔大)らを魅了する。忠清は戦国で近いうちに自分が死に、一族が滅びる運命と知り、衝撃を受ける。やがて戦国に戻れる、次の満月の夜がやってくるが…。

https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/ashigirl/html_ashigirl_story.htmlより引用

7話

タイムマシーンで現代に送られて怪我の治療を受けた若君・忠清(健太郎)は、高熱を出してしまい戦国に戻ってこられなくなった。一方唯(黒島結菜)は一ヶ月後の機会を信じて待ち続けるが、若君失踪への関わりを疑われて追われる身に。「じい」こと信茂(イッセー尾形)は、そんな唯を天野家にかくまう。が、追っ手は唯が母と慕う吉乃(ともさかりえ)をとらえておどす。彼女を救おうと、唯は自ら姿を現し、とらわれの身になる。牢の中で、忠清が戻るはずの満月の夜に望みを託したものの、ついに戻ってこず、唯は絶望と発熱で倒れてしまう。翌朝、もうろうとしたまま殿・忠高(石黒賢)の前に引き出された唯。成之(松下優也)は「足軽・唯之助」の着物をはぎ取るように命じ、唯は最大のピンチを迎える…。

https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/ashigirl/html_ashigirl_story.htmlより引用

8話

若君・忠清(健太郎)の窮地を救ったとして、唯(黒島結菜)は若君の警固役に取り立てられ、天野家で武者修行することになる。一方、忠清は婚約者の松丸阿湖(川栄李奈)と対面する。阿湖姫に加えて、側室として、ふき(中村静香)も控えており、唯はやきもきする。敵の高山方とつながりがある成之(松下優也)を探りにおもむいた唯だが、逆に策略におちいり、成之の部屋に連れ込まれてしまう。かけつけてきた忠清は激怒。吉乃(ともさかりえ)に背中を押されて忠清に会いにいった唯は、ありったけの思いを伝え、二人の心は通じ合う。現代の両親のもとにいったん戻るはずの満月の夜に遠乗りをすることになり、ロマンチックなデートに、と意気込む唯。タイムマシーンが使える最後の機会とも知らずに…。

https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/ashigirl/html_ashigirl_story.htmlより引用

9話

現代に戻った唯(黒島結菜)だが、タイムマシーンの燃料が切れており、戦国には戻れないと知って激しく落ち込む。その熱意に弟の尊(下田翔大)は動かされ、あと一往復分だけの燃料をたくわえる。若君・忠清(健太郎)を守りぬきたいという唯の思いに、父・覚(古舘寛治)や母・美香子(中島ひろ子)も、必ず現代に戻ると約束させて送り出す。半年ぶりの戦国では、忠清は羽木家を率いる覚悟を固め、松丸家の姫・阿湖(川栄李奈)と結婚しようとしていた。唯との再会の喜びに、思わず抱きしめる忠清だが……。そんな折、唯はひょんなことから阿湖のお忍びの外出に付き合うはめになり、二人に魔の手が忍びよる。

https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/ashigirl/html_ashigirl_story.htmlより引用

10話

阿湖(川栄李奈)の身代わりとなって高山にとらわれた唯(黒島結菜)。それを聞いた若君・忠清(健太郎)は必死で探す。企てを知っているらしい成之(松下優也)と、ついに剣を合わせる忠清。そんな折高山から、預かった阿湖=唯を、跡取りの宗熊(加藤諒)と結婚させるようにと申し入れが。一方宗熊は、阿湖と思い込んで唯にひとめぼれ。逃げる機会をうかがう唯は、高圧的な父の宗鶴(村田雄浩)を恐れる宗熊を励ますはめに。脱走に失敗した唯は、なんと阿湖の兄・義次がやってくると聞かされる。別人とばれたら命はない。ばれないとしても宗熊と結婚させられてしまう。絶体絶命の危機に唯は…。

https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/ashigirl/html_ashigirl_story.htmlより引用

11話

若君・忠清(健太郎)によって高山から救いだされた唯(黒島結菜)。が、高山宗鶴(村田雄浩)・宗熊(加藤諒)親子が放った追っ手が迫る。一方、阿湖(川栄李奈)に唯と忠清のてん末を聞いた成之(松下優也)。跡取りの忠清が高山領にいると知って羽木家は大騒ぎに。両軍は一触即発の状態になる。成之と小平太(金田哲)は反発しあいながらも、忠清救出に向かう。唯たちは山道を逃げ、寺で一夜の宿を借りることに。夜、お互いの思いを確かめようとする唯と忠清。が、そこに高山の追っ手が。戦を収めるために単身高山にくだるという忠清。反対する唯は一計を案じ、忠清のために命をかける。

https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/ashigirl/html_ashigirl_story.htmlより引用

最終回 12話 最終話

高山の銃撃の中を走り抜けて撃たれた唯(黒島結菜)。成之(松下優也)らに若君・忠清(健太郎)の行方を告げると倒れてしまう。成之は足軽の唯之助が、実は忠清の最愛の女性・唯であると語り、一同は仰天する。救いにきた成之とともに、忠清は高山と戦う。勝利を収めたものの、これ以上戦を続けたくないと、忠清は宗熊(加藤諒)と和議を結ぶ。戻ってきた忠清と唯はようやく再会。幸せの絶頂に登りつめた唯だが…。一方、忠清との結婚がなくなり、去ろうとする阿湖(川栄李奈)に成之が…。

https://www.nhk.or.jp/jidaigeki/ashigirl/html_ashigirl_story.htmlより引用

U-NEXTで配信中のドラマ作品

U-NEXT配信中・配信予定の2020年冬ドラマ作品(NHK作品含む)

*2020.3.29時点

U-NEXT配信中の歴代人気ドラマ作品

  • 今日から俺は
  • 3年A組
  • おっさんずラブシリーズ
  • ドクターXシリーズ
  • 相棒 シリーズ
  • 科捜研の女 season19
  • 孤独のグルメ
  • アリバイ崩し承ります などなど・・・*2020.3.29時点

*本ページの作品や配信に関する情報は記事投稿日時点の情報となります。最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。